対話型教育への取り組み

一方的な知識の伝達ではなく、自らの頭で考えることや、他の人の意見をよく聴いて議論をすることに主眼を置いた、対話型教育により、学生自身の能力を引き出す取り組みを行っています。

対話型教育の教室では、教員から学生への一方的な伝達ではなく、学生による主体的な発言を求め、対話によって講義が進行します。日本においては、2010年4月から6月までNHK教育テレビで放映された「ハーバード白熱教室」で、マイケル・サンデル教授の「正義Justice」の講義スタイルによって、一般に広く知られるようになりました。

千葉大学における対話型講義

小林正弥教授が千葉大学法経学部にて担当する「政治哲学」「政治哲学特講」「公共哲学」などにおいても、2010年度から対話型教育を実践。2011年度からは、ハーバードの方式に倣い、この講義と連動する「演習」が開設され、2名の若手研究員が非常勤講師として指導を担当しています。講義のあとには演習担当の講師に加え、ティーチング・アシスト(TA)を務める大学院生も受講生をサポートしています。

2013年度のシラバスは以下のリンクからご覧頂けます。

前火2 A114J4801 政治哲学I (小林 正弥)
後火2 A114J4901 政治哲学II (小林 正弥)
前水3 A114J8602 政治哲学演習I(宮﨑 文彦)
前火5 A114J8601 政治哲学演習I (木下 征彦)
後水3 A114J8702 政治哲学演習II (宮﨑 文彦)
後火5 A114J8701 政治哲学演習II (木下 征彦)

また、これらの講義については、「サンデル特設ページ」が用意されており、学生による議論や感想などが掲示板に投稿されているほか、関連する文献リストなどが公開されています。


http://sandel.masaya-kobayashi.net/

 

学生による感想

対話型公共哲学TV

学外で開催されたシンポジウムや対話型講義の動画は、対話型公共哲学TVにて公開しています。

対話型公共哲学TV
http://dialogue.public-philosophy.net/